セフレで初めて妹以外のおっぱい(巨乳)を揉んだ話 | フェチ専門出会い掲示板

セフレで初めて妹以外のおっぱい(巨乳)を揉んだ話

セフレで初めて妹以外のおっぱい(巨乳)を揉んだ話

恥ずかしい話ですが、この前セフレ掲示板を使うまでは、妹以外のおっぱいを揉んだことはありませんでした。私の妹は六歳下でしたが、発育は同年代の子に比べるとかなり良くて、私が大学生のときに我慢できずに「頼む、おっぱいを揉ませてくれ!」とお願いしたんです。

普段は歳が離れていることもあり、普通に仲良しの兄妹だったのですが…さすがにこのお願いには少し驚いたらしく、きょとんとしていました。ただ、発育がいい分そういう知識も多少はあるのか、「揉んでもいいけど、お礼をしてくれないとバラしちゃうかも…」なんて言ってきたのです。

ただ、法外な金額を要求するわけでなく、私との仲を壊したくなかったのか、「ダッツのアイス一個で一日揉み放題!」と言ってくれました。これ、社会人になって風俗店に行くと分かるのですが、おっぱいを揉むだけならばかなり安いですよね?

私も大学生でアルバイトをしていたから、もちろんOKしました。先払いでアイスを買ってきて、妹のおっぱいをモミモミしたのですが…ヤバいです。妹とかそんなことが考えられないほど気持ちよくて、股間はもちろんギンギンでした。

とはいえ、妹相手にこれ以上をするとトラウマを植え付けそうだから、あくまでも貴重なおかずとして揉ませてもらいました。なお、私が就職するまでの間におよそ三十回くらいはお願いしまして、妹も「なんか、兄ちゃんに揉まれてから大きくなったかも…」と笑っており、最後まで関係は壊れずに済みましたよ。

社会人になると一人暮らしを開始し、妹のおっぱいも揉めなくなったので、すぐに欲求不満になりました。というか、「社会人になったなら、おっぱいを揉んだあとはセックスもしたい…」とようやく考えるようになりまして、私はセフレ掲示板デビューをしたのです。

当たり前の話ですが、セフレ掲示板で相手を見つけられたら、おっぱいを好きなだけ揉むことができます。というかセックスをするのでそれは当たり前でして、その事実に気付いた私は相手を見つける前から興奮しました。

ちなみにこの掲示板で見つけたナミ(仮名)という女性は、Eカップの巨乳の持ち主です。多分妹がCかDだったので、それ以上の大きさに私は感動しました。

揉んだ感触ですが、妹以上の重量感と柔らかさはやっぱり最高で、しばらくはおっぱいから手が離せませんでした。女性のおっぱいって、触るだけで幸せになりますよね…。

ナミは普通に床上手だったから挿入も気持ちよかったし、おっぱいも触れたしで最高の思い出が作れました。

セフレで初めて妹以外のおっぱい(巨乳)を揉んだ話 へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ